2020/05/31

ネットショップ開業にはどのようなサイトを作る必要があるのか?ネット販売のためのECサイトを徹底紹介!

EC/ネットショップ制作

【気軽にできるようになったインターネット上でのショップ開業ですが…】

昔は店を構えると言えば、一世一代の大勝負に出るようなイメージがありましたが、今はインターネット上で誰でも自由にネット販売を始められる世の中になりました。

売る商品も手作りのハンドメイドから珍しい海外の雑貨まで、幅広く扱えるのもメリットですよね。

しかしその一方で、意外にネットショップ開業のためには様々な下準備が必要となります。

念入りに準備して、最高の開業が迎えられるように、開業のための基礎知識をご紹介していきます!

【必要な機能を自分でカスタマイズ!ネットショップ開業なら「ECサイト」】

ECサイトとは、自分でブログを作るのと同じように、自分でサーバーを借りてネットショップを立ち上げていく方法です。

ECとは「Electronic commerce」の略で、「電子商取引」という意味となっていますが、自分で商品の受注、決済、発送まで一括した機能を有したサイトを立ち上げることになります。

ほとんどの場合、ネットショップ開業とはECサイトを立ち上げることを意味しており、自分で作る要素が強くなっています。

ネット販売にあたって、必要不可欠となる必須機能が幾つかありますので、ご紹介します。

『必須機能①:決済サービス』

まず欠かせないのが決済サービスです。

インターネットで買い物をした際、どのようにお金を支払うのかを購入者に決めてもらう必要があります。

3大決済と呼ばれる「クレジットカード」「コンビニ後払い」「代金引換」は必須となりますが、クレジットカードの中でも一括なのか、複数払いがあるのか、リボ払いがあるのかなど、これらのサービスをどうするのかも検討していく必要があります。

『必須機能②:買い物カゴ(ショッピングカート)』

ECサイト内では、1つだけでなく複数注文することがあるので買い物カゴ、つまりショッピングカートは必須となっています。

スーパーでどんどんショッピングカートに入れられるような、気軽に買い物が楽しめるシステムを構築する必要があるのです。

『必須機能③:高度なセキュリティ』

インターネットは犯罪の温床となっているため、絶対に必要となる項目です。

インターネットに関わらず、お客さんに安心して買い物を楽しんでもらうことは最低限果たさなければいけない義務といえるので、個人情報データなどを保護するための暗号化通信「SSL」の導入は必須と言えるでしょう。

またクレジットカードの不正使用が後を絶たないので、不正使用を防ぐためのセキュリティの対応も求められます。

『必須機能④:受注管理システム』

受注確認や入金確認、発送確認、キャンセル処理など、お客さんが購入してから商品が手元に届くまで、常にお客さんは「ちゃんと届くだろうか?」と小さな不安を抱えています。

だからこそ、確認や処理はスピーディに行う必要があり、お客さんとのトラブルを避けるための対策とも言えます。

それぞれの作業がしっかりと連携を取れていれば、その分早く商品を届けることに繋がります。

ネットショップの規模が大きければ大きいほど鈍足化する傾向がある要素でもあるので、規模に合わせてシステムを構築する必要があるでしょう。

『必須機能⑤:スマホ表示のレスポンシブ化機能』

今やネットショップを楽しむ人の大半はスマートフォンを使っていますから、パソコンだけではなくスマートフォンでも快適に表示してくれるレスポンシブ化は必須となっています。

レスポンシブ化は一般的になっているので、レスポンシブ化が標準装備となっているサイト構築を心がけたいところです。

【必須機能以外にも必要となる機能を取り入れよう!】

必須機能の他にも、顧客を管理しながらのメール配信などといった、一度購入してくれたお客さんが次も利用してくれるようなシステムであったり、流行りのスマートフォンアプリを作ってみたりと、様々なシステムを取り入れることができます。

生活に密着したような商品を扱っているのであればスマートフォンアプリは有用と言えますし、リピーターを増やしたい思惑があればメール配信サービスは効果が高いと言えます。

自分でネットショップを開業する上で、必要不可欠な機能はもちろんのこと、自分で必要だなと感じるシステムを導入していくのもECサイトの強みと言えますね。

このように、自分が必要な機能を自由に取り入れることができるメリットがあるECサイトですが、一方で全部自分で用意する必要があるというデメリットもあります。

最近はECサイトを制作してくれる業者さんがいるので、自分が利用したいサービスや機能をセットにして申し込みを行うことも可能となっています。

【唯一無二のネットショップ開業を目指すならECサイト構築がおススメ!】

ネットショップを開業するにあたり、もう一つ「モール型サイト」という選択肢もあります。

Amazonや楽天などといった、様々なショップがインターネット上の大きなモールの中で営業を行う方法ですね。

先述した様々な機能が最初から使えるようになっているため、自分で機能を取り揃える手間が省けるというメリットがあります。

しかし、その代わりにテナント料を支払う必要がありますし、本当に自分が必要としている機能が揃っているかどうかはわかりません。

集客という意味ではプラスに働く要素がありますが、唯一無二のネットショップ開業を目指すのであれば、ECサイトを立ち上げていく方が長い目を見ると有利に働くかなと思います。