2019/12/10

ホームページ制作×コンサルティング〜集客方法について〜

Blog

ネット集客のための入門講座

1.ホームページ・ECサイトのアクセス数チェック

ECモール内においてストアの統計情報は、毎日チェックし推移を報告しましょう。(ホームページがあれば必ずリンクを貼ること)
トレンドにしっかり対応していれば、訪問者数は少しずつ増えるはずです。

全体的に訪問数が右肩上がりになっているようであれば、注文数との関係を分析しましょう。
訪問数が伸びているにもかかわらず、注文数が伸びていないようであれば、お客様の”ためらい”の原因がどこかにあるはずです。
「競合ストアより価格が高くないか」「商品情報や説明は十分か」「商品画像の質が低くないか」など、社内で議論してください。

訪問者数がまったく増えていない場合は、初期の導入時点で問題があるかもしれませんので弊社(024-927-1883)までご連絡ください。
一時は訪問者数が増えたけれど頭打ちになっている場合は、広告の積極策が必要となります。

どんな企画を実施する際にも、統計情報の分析が基本となります。
もしも、統計情報の見方がまだ分からないという場合は、早めにご相談ください。手探りの状態で行っても、時間ロス・機会損失につながり、結果として閉店せざる得ないという事態になります。

2.カテゴリ上位を目指す

御社のストアにある商品は、ECモールのカテゴリページの何ページ目(何番目)に表示されているかご存知ですか?
もしも、1ページ目に表示されていなければ、お客様が訪問してくれる可能性は限りなく低いです。

ECモールの登録カテゴリ上位に表示されている商品がある場合は、良好です。
その商品が、ストアの入り口になる可能性が十分あります。
おすすめ商品の表示、ポイント倍率の対策などして、そこからお客様との関係を築くことが可能になり発展へと繋がります。

カテゴリリスト上位の商品がない場合は、どうにすれば良いか。
(訪問数が増加していることを前提として)次なる対策は、適切な広告選びを行うことです。適切な広告選定については別途相談ください。

3.ホームページ開設・ECサイト開店直後のPR広告

ECモールには、開店して間もない出店者様向けの広告がいくつかあります。
Yahoo!を例にすると、半額セール専用の「開店記念セール広告」
開店セールページに情報掲載する「ディスプレイ広告」と、大量のショッピングユーザーに送信されるメール広告「NewsCLIP」の2種類があり※いずれも半額セールが条件

このように、開店時にはオープンを記念した広告を活用して、スタートから人気を集めるような対策も必要です。ゆっくりと時間をかけて眺めていると、あっというまに競合に市場を奪われてしまいます。
「集客に繋げるための有効な広告戦略」について社内で議論して、積極的に実行してください。



■ECサイトの診断、お困りの相談については「ECサポート株式会社」までお気軽に相談ください。 《お問い合わせ》平日9:00〜18:00 ☎︎024-927-1883