2020/07/10

ふくしまローカルビジネスマーケティングで販売促進!福島県内の地域で愛されるマーケティング手法を徹底紹介します!

マーケティング

【地元福島で愛されるマーケティングこそ、ローカルビジネスの原点!】

『ローカルマーケティング』とは、福島県内など特定の地域に住む方をターゲットにした宣伝戦略を指します。

最終的に全国的に有名な商品に成長させていくにしても、拠点を置く福島県内地域のマーケティングは欠かさずに行って断固たる地盤を確立しておくことにより、ビジネスを縮小させたとしてもしっかりと利益を確保することができます。

つまり、ローカルマーケティングとは「地元ふくしま」という拠点でしっかりと足場を固め、福島県内の市場における基礎を築きあげていく戦略と言えます。

一番の味方を作り上げていくので、お客様というよりは「良き理解者」という位置づけと言った方が自然かもしれませんね。

例えば、今や全国でもトップレベルの人気を誇る福島県「福島牛」も、まずは地元の理解や協力を足掛かりに福島県の代表「ふくしまの顔」となる食材となり、全国からの注目を集めていったわけです。

県産品という後ろ盾があるからこそ、全国へ展開しても知名度やブランドを確立できる背景がありますので、地元ふくしまを味方につけるローカルマーケティングは非常に重要な宣伝戦略となるのです。

【ローカルビジネスを成功させるには、「自」と「他」を見極める必要がある!】

では早速、ローカルビジネスを開始していくわけですが、最初の取り組みとして「自」と「他」を見極める必要があります。

「自」とは、自分が売り出していく商品や企業のことです。

売り出したい商品はどのような強みを持っていて、どのような人に提供していきたいのか、そして企業の顔にしていきたいのであれば共通点も探っていく必要があります。

自分のことが理解できていないのに、自分をアピールすることなんかできません。

意外なことに、自分のことってわかっているようでわかっていないので、一度見つめ直してみると良いですね。

そして「他」ですが、これはターゲット、つまりお客様のことであったり、周囲を取り囲む環境を指します。

周囲の環境がわかっていないと、効果的な宣伝を打つことができません。

例えば、日中は共働きで留守になる家が多い地域では、昼間から訪問営業したところでお客様と摂食することすらままなりません。

他にも、地元ふくしま県内のお客様が普段どのようなところに出かけ、何をしているのか、福島県内のライフスタイルを把握し、宣伝を行っていく場所や時間帯を探っていく必要があります。

宣伝にかけられる予算や人員は限られていますから、せっかくの宣伝戦略が無駄にならないようにしっかりとリサーチを行うことが重要です。

「自」と「他」をしっかりと見極められたら、実際にどのような宣伝戦略を行っていくのかを探っていきますよ!

【ふくしまローカルマーケティングには、様々なアクションがある!】

ふくしまローカルマーケティングは主に地元へのアプローチとなりますが、意外にも福島特有のプロモーションの種類は多いです。

ローカルだからこそ攻めることができるアクションもありますので、先ほどリサーチした「自」と「他」と照らし合わせながら、プロモーションを決定していきましょう!

それでは順番にプロモーションの種類をご紹介していきたいと思います。

『アクション①:新聞やテレビ、公共スペースなどの視覚宣伝戦略』

まずふくしまローカルマーケティングの基本戦略として、「視覚宣伝戦略」があります。

福島県内の地域に絞って宣伝するため、宣伝の範囲を見極められるのは非常に大きなメリットと言えます。

新聞においては、地元ふくしまの新聞に広告を打ったり、チラシを入れてもらうのがメインな宣伝となります。

もし高齢層がメインとなる地域であれば、新聞をとっている世帯が多いので効果を発揮できます。

福島県内放送のテレビにおいては、時間帯が非常に難しいですが、日中でも見てもらえるのか、深夜でも見てもらえるのか、リサーチ結果を基に見極めたいところですね。

福島県内の公共スペースにおいては、どのような公共交通機関を利用しているのかがポイントとなります。

福島県内の電車が良いのか、バス停が良いのか、タクシーが良いのかなど、公共スペースは範囲が広いので、的確に宣伝が打てるようにしていきたいですね。

『アクション②:ふくしま地域のイベントなどの体験宣伝戦略』

福島県内地域のイベントでの宣伝は、体験させることで時間を共有できるため、非常に深い内容の宣伝を行うことができます。

福島県内地域のイベントには、地元のお祭りや催し物などがありますが、スポンサーになることで宣伝の機会を確立させることができます。

福島県内在住の来場者総数やメインに来場する層、あとは宣伝を行える場所など、イベントの規模や内容によって行える宣伝が異なってきますので、イベントのリサーチも重要となります。

福島県内地域のボランティアにも積極的に参加し、商品だけでなく企業の宣伝も効果的に行っていけば、自らがイベントの主催者になることで、大々的な体験宣伝戦略を行うこともできるようになります。

福島県内地域を代表する商品に成長させるためには、規模はどうであれ、堅実に行うことが重要となります。

【良質なホームページ制作とSNSを運用しよう!デジタルメディア戦略の同時進行で更なる飛躍を狙っていく!】

福島県内地元における市場を確立できるようになったら、ホームページ制作とSNSを開設してデジタルメディア戦略も行っていきましょう。

もちろん福島県内地域での宣伝戦略を平行して行っても良いですが、その場合はイベント告知を行ったり、資格宣伝の紹介をするなど、ホームページやSNSを活用した地域における宣伝戦略を強化していくような使い方をするのがベターかなと思います。

インターネットを利用したデジタルメディア戦略は、一気に宣伝の範囲が広がってしまいますので、なるべく福島県内地域密着を意識していきたいところです。

ふくしまローカルマーケティングは、ビジネスにおける基礎であり根幹となりますので、着実に成果を得られるように取り組んでいきたいですね!